向いている人とは?

スクラム開発に向いている人といえば、協調性に長けている人などというイメージを思い浮かべてしまいがちですが、決してそれだけでは、満足とはいえません。その名前の通りにスクラムを組んで開発に臨むというものですが、そのチームやグループの一員としての役割があることはいうまでもないでしょう。数名のチームで行うことによる個人の甘えなどが一切許されないことが、スクラム開発の特徴ともいえるのではないでしょうか。

エンジニアやプログラマーにも、それぞれの個性や強み、長所があることは言うまでもないでしょう。厳しい競争社会で生き残るためには、どうするべきかを考えることも有意義なことといえるのではないでしょうか。
IT技術や情報システムの日進月歩については、目を見張るものがあります。日本で活躍しているエンジニアやプログラマーには、世界中からの熱い視線も注がれています。もはやネットワークサービスは、どんな業種業態でも使われることが前提になっています。日々のルーチンワークから、特別なプレゼンテーションなどに至るまでに、その影響力が見られています。

スクラム開発についても、創意工夫の精神や型破りの発想を打ち出せる人こそが、向いているのかもしれません。過去の成功事例や固定概念が一切通用することがないのが、ネットワークサービスの怖さであり、面白さです。旧態依然のビジネスモデルが音を立てて崩れる中、躍進の可能性は誰にも平等にあるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です